「ほっ」と。キャンペーン
2017年冬のワンダーフェスティバルにて、
高瀬発煙機さんが四脚戦車「不知火」をブラッシュアップして
出品されます。(増加装甲追加、関節ポリキャップ化など)
僕は見本として作例を作らせてもらってたんですが
今回の再出品にあたり各ユニットの接続法を見直してほしいということで、
軽くいじりました。
ついでにカラーリングも少し加え、
スミ入れとウェザリングも足しました。
というわけで、ワンフェスに行かれる方はぜひお立ち寄り下さい!
卓番は5-04-08です。

d0030958_15231823.jpg
 
d0030958_15234756.jpg

[PR]
ハイキューパーツさんにて、「ホビーショップのランナさん」第71話が更新されてます。

ニッパー編は一応これで終わらせるつもりだったんですが、
模型屋おとつきさんで新たにネタをいただいてしまったので
もう一本増やそうかなあと思ってます。


このブログ、ランナさんの告知ばかりですね。
こないだ(といってももう二ヶ月近く前か…)行った
遍路のことも書きたいと思ってはいるんですが。
まあそのうち。
[PR]
ハイキューパーツさんにて、「ホビーショップのランナさん」第70話が公開されてます。
よろしくお願いします。

引き続きニッパーのお話です。

ところで69話で紹介した、ゴッドハンド社のアルティメットニッパーですが、
このたび値上げが発表されました。
まじで職人さんの手作業で製作されているそうで
増産は目指してはいるものの、追いつかない状態。
それでも増え続ける注文に、苦渋の決断だったようです。
定価4000円から、2017年1月10日からは
4800円になるようです。いずれも税抜きです。

ですが、価格改定は無印のアルティメットニッパーだけだそうで
70話で紹介した「片刃ニッパー」「アルティメットニッパーエッジ」
さらに71話で紹介するんですが
「マスキング専用マスパー」「ニッパー型ピンセット」については
改定はないそうです。
(売ってるのをあまり見かけませんが…)
[PR]
ハイキューパーツさんにて、「ホビーショップのランナさん」第69話が更新されています。
今回は、ニッパー界に衝撃を与えまくった
ゴッドハンド社のアルティメットニッパーのお話です。

模型屋おとつきさんで触らせてもらい、一目惚れしました。
僕もひとつ持ってます。
今回の中で書いたシリアルナンバーは、僕が持ってる番号です。
微妙に読み取れませんが(笑)。


追記
シリアルナンバー、読み取れましたよ、とツイッターで教えてくださる人がいました。
何気なくニッパーを手に取り番号を見たところ、
なにか違和感を感じ、視力の低下を感じつつ
スマホで写真を撮り拡大してみたら、番号が違ってました…。
許すまじ、老眼!!
(あえて修正せずにおきます)
[PR]
HIQパーツさんにて、「ホビーショップのランナさん」第68話が更新されています。
よろしければぜひご覧下さい!

模型業界でこのところ熱いニッパーについてのお話です。
今後何回かニッパー編が続きます。
書籍資料に加え、模型屋おとつきの店長さんにお聞きしたネタもいくつか入れさせていただいてます。
イージーニッパーとかね。
d0030958_14391720.jpg


思えばアルティメットニッパーを初めて触らせてもらい
購入したのもおとつきさんとこでした。
ありがたいことです。
[PR]
かつて僕は、青年向け雑誌「月刊 コミックフラッパー」で
「トランスルーセント ~彼女は半透明~」という漫画を連載させてもらってました。
初めての連載、単行本で、2003年3月から2006年11月号まで掲載、と奥付にあります。

この作品を描くきっかけは、漫画原稿を投稿し入賞したコミックフラッパーで、
新人漫画家に、テーマを決めて短編を描かせる、という企画をやる、と。
第一回目としてのテーマが、「透明人間」。
電話で担当のI氏に企画を説明され、わかりました考えてみますと言って電話を切った30秒後には
第一話のプロットが頭の中で出来てました。
その時の自分は、まじでオレ天才だと思いましたが、その時限りでした・・・。

女の子が、透明人間になる。
病気で。
透明病。
思春期の女の子が透明になってしまい悩んでる。

主人公は「透明病」という病気に冒されてしまった中学2年生の少女、白山しずかと、
彼女を見守り、時にはげます唯見マモル。


当時の僕は、ようやく、本当にようやく、
キャラクターの動かし方ということを掴みかけてた時期でして
「自分の子供に、どんな人物になってほしいか」「どんな友達がいててほしいか」
と、岡本一広本人ではなく、自分の子供に投影することで
驚くほどすんなり動かすことができたんです。
だから、マモルとしずかは僕の子供であり、
大河内さんは、理想の子供の友達なんですよ。

「透明病」については、科学的にどうとか考え始めると
設定に首を絞められ、自由に描けない予感がバリバリしましたので、
あえて深く考えないようにし、あくまでしずかの抱える問題としてだけ描きました。
この判断は今でも間違ってなかったと思ってます。


最初は「透明人間」の企画のうちの1本のつもりだったんですが、
思ってた以上に評判をいただき、誌面に空きがあった時に載せる、という
不定期シリーズ連載みたいな形で、ちょこちょこ誌面におじゃまするようになります。
単行本の2巻、第9幕か10幕あたりまで。その後ちゃんとした「連載」ということに。

連載は、一部で評価してもらってたものの、
いかんせん、単行本が売れません。
売れないのに、3年以上連載が続けられたのは、
担当編集者I氏の尽力が大きかったんだと想像してます。

連載終了が決まり、最終巻である5巻の作業に入る時、I氏に言われました。
「4巻までの売上を見るに、大方の予想では発売すると赤字になる。
会社としては5巻の発行は無理。
でも、自分としてはこの作品は、最終巻も出して
きちんとまとめたひとつの作品、であるべきだと思うんです」

で、I氏が裏ワザにも取れるような方法を駆使して、第5巻は発売されたんです。
今じゃ考えられないことです。
I氏にはいくら感謝しても足りません。


連載が終わって2007年、大阪にある小劇団が、「トランスルーセント」を舞台にしたい、と言ってくれました。
「シアターシンクタンク 万化」という劇団さんです。
もちろん快諾し、担当I氏とともに観劇させていただきました。そして感激しました。
連載中、最後まで大河内さんの下の名前を決めかねていたんですが
「万化」の主宰、美浜源八さんに「大河内夏香」と決めていただきましたよ。


今でも、ツイッターなどで「トランスルーセント好きでした。今でもたまに読み返します」
と言ってくれる人がいたりします。
本当に幸せな作品だと思います。
ヒットもしてないのに、作品のWikipediaがあったり。
架空のアニメのオープニングテーマを作ってくれる人があったり。

本当にありがたいです。



長々と書きましたが、書こうと思ったのはですね、
発行元のメディアファクトリーの親会社のカドカワが、
ニコニコカドカワフェアというのを9月30日からやってるんですよ。
参加してる各コミックの電子版がほぼ半額になるフェアで、「トランス~」も対象になってます。
ebook japanさんがこちら。
「トランスルーセント~彼女は半透明~」はこちら。10月14日までだそうなのでお早めに!

でももう、売れる売れないはどうでもよくなってます。
絵がへたくそなのは自覚してますんで、心のハードルを下げて読んでほしいです。

主人公の3人を描きました。
translucent 10 years after
d0030958_2463643.jpg

[PR]
# by osekkaisensei | 2016-10-03 02:56 | マンガ | Comments(4)
最近、暇さえあればウォーキングしたおしてます。
以前から、自分は歩くことが好きだという自覚はあったんですが、
連日歩いてるおかげで脚が歩くことに慣れ、
いくら歩いても脚が痛くならなくなり
アシスタント仕事が無い日には、気づいたら2時間以上歩くこともしばしば。
飽きないように毎回違う場所を気ままに行く。
ちょうど季節もよくなってきましたし、これから更に捗りますな。

こないだの水曜日、レディースデーで安いからと、妻がシン・ゴジラを観に行きたいと。
僕はもう三回観ましたので、映画館に連れて行くだけして歩こうと。
映画館から少し車を走らせ、三津浜を歩きました。
以前小林有吾くんの仕事場で、三津浜に心霊スポットがあると話題になったので
チェックしたいのもありまして。昼間ですが行きました。
スーパーの駐車場に車を停め、お茶を買っていざ!
観月山公園です。
d0030958_21044276.jpg
異常に蚊が多くて、早々に退散しました。べ、別に怖かったんじゃないからね!
d0030958_21093137.jpg
d0030958_21103463.jpg

ついでに隣の山にある港山城跡にも登ってみました。
ふもとのありがたい大師像。
d0030958_21145285.jpg
こちらはひらけてるせいか蚊はあまりいませんでした。
d0030958_21164855.jpg

で、このくらいでシン・ゴジラではヤシオリ作戦が始まった頃かな、と思い駐車場へ向かいました。
向かいつつも、面白そうな道を選びながら歩きます。
遠くに楽しそうなのぼりがあるのが見えたので向かってると、
途中の公園の一角でこんなものを発見。
d0030958_21262017.jpg
ポンジュース発祥の地、の石碑!
どうやら工場の跡地だったようです。

で、この写真をツイッターにアップしたところ、
どういう訳か拡散しまくられ、
1日経った22日現在リツイートが一万を超えました。こわい!
心霊スポットよりはるかに怖い!
みんなどんだけポンジュース好きなんだよ!


というわけで、松山市の三津浜はいい街ですよ、というお話でした。
d0030958_21352554.jpg


[PR]
# by osekkaisensei | 2016-09-22 20:38 | 日々 | Comments(0)
久しぶりに漫画家っぽい仕事をしました。

自宅で作る「袋麺」をテーマにしたアンソロジーに、読み切りを
30ページ、描かせていただきました。
以下、編集部から送ってもらった説明文です。



●書名
「麺 おうちラーメン」

●内容紹介
オール新作読み切りマンガ20杯♪
総勢16名の漫画家による、
インスタントラーメン漫画アンソロジー!

●執筆陣
柳沼行 元町夏央 小池定路 谷田知彦 岡本一広 奥原まむ わたけい
高上優里子 アキヨシカズタカ だーく 今井ムジイ 田代琢也 梶原にき 
はらぺこ花さん ヤツキアキヒサ なで拓瀬 (敬称略・順不同)

●発売日
全国のコンビニエンスストアにて
9月24日(土)発売

●定価
450円(税別)

●発行
株式会社KADOKAWA


↓書影です。
d0030958_14543151.jpg

※表紙です(笑)。



商品名は出せる代わりに「袋のデザイン等はきちんと描く」という指令。
僕は、関西で主に売られている徳島製粉さんの「金ちゃんラーメン」を選びました。
で、お話を考えてる際、いっそのこと主人公を
金ちゃん、ってあだ名で呼ばれてることにしたらいいんじゃないかと
思いついた瞬間にパッとできちゃいました。

なので、タイトルも
「金ちゃんの恋人」

です。恋愛ものというか、まあ男女のお話です。
というわけで、24日はコンビニへGO!

d0030958_1458259.jpg

[PR]
# by osekkaisensei | 2016-09-17 14:59 | マンガ | Comments(4)
ごぶさたしてます。
更新、一ヶ月くらい空いたかしらと思ってたら二ヶ月空いててびびりました。
もうちょっと精進いたします。

HIQパーツさんにて、
「ホビーショップのランナさん」第67話がアップされてます。
工具編、今回は単発で、新しくオールメタル製になった「ペインティングクリップ」をご紹介。

よろしくお願いします!
d0030958_16155592.jpg

[PR]
おはこんばんちは!

HIQパーツさんにて、
「ホビーショップのランナさん」第66話が更新されています。
「工具について語りましょう」シリーズですが、
HIQパーツさんから、これも紹介してほしいとの要望があり先にぶっ込みました。

「垂直ドリルガイド」です。
ピンバイス(手動ドリル)を使う際、垂直に穴を開けるための治具です。
無くても何とかなることはなるけど、ひとつあればとても便利系グッズ。

おひとつどうぞ!
[PR]