メカトロウィーゴ用走行ユニット「アメイズランナー」の作り方 その1

2014年夏のワンダーフェスティバルにて、
モデリズム小林和史さんの呼びかけによる
「みんなのメカトロウィーゴ大集合!」に参加しました。
といっても地方から作品を送りつけ、展示などは小林氏に丸投げという
おんぶにだっこな参加なんですが。
さらに発送も模型屋おとつきさんにお願いするという甘えっぷり。

あーありがたい。


で、せっかく参加するからには何かネタを仕込みたいと思い、
時間的に厳しめだったんですが、以前から考えてたアイデアで作りました。

フランスコミックの彩色アーチストで、
ガレージキットによるオリジナルメカブランドFuturistic Modelを展開されているWalter氏の
「Ameise」に似せたメカにウィーゴを組み込んで遊べないか、というものです。


素体のウィーゴはこれ。
「みかんウィーゴ」。
d0030958_4334159.jpg

頭に乗ってる「ヘタ」は、置いてるだけです。下のキットの転輪部品でできてます。

合体!アメイズランナー!
d0030958_44675.jpg

d0030958_4471576.jpg


キットはこれを使いました。
d0030958_4304127.jpg

ハセガワ「1/72四号戦車 パンサーG型 スチールホイール」。
一箱でデッチアゲます。

今回は頭の作り方。

キットの砲塔部品がそのまま使えました。
d0030958_4363734.jpg

わかりにくいですがウィーゴ本体との大きさを比べてます。

d0030958_4389100.jpg

キューポラ部分をレザーソーで切り取ります。

d0030958_4392291.jpg

C-5のパーツがちょうどいい大きさなので、平らな方を上にして接着、穴を塞ぎます。

d0030958_4421369.jpg

D-8パーツを、砲塔の傾斜に合わせた角度に削りつつ接着。「目」にします。

d0030958_4473048.jpg

こうなります。

d0030958_4483169.jpg


d0030958_4492763.jpg

顔にゴチャメカを。A-25。

d0030958_4532288.jpg

鼻をA-18で。砲のマズルブレーキパーツですね。

d0030958_4552524.jpg

「口」を作ります。Cランナー(かな?)のタグプレート。

d0030958_4555785.jpg

幅を見まして、

d0030958_4562737.jpg

切り出します。

d0030958_4571097.jpg

ランナーとプレートとの付き方が、タグ側の方がいいようですので

d0030958_4572727.jpg

タグを削り取りました。

d0030958_511846.jpg

カッターで筋を軽く入れ、レザーソーで筋彫り。

d0030958_513446.jpg

もう一個ランナータグを切り出し、

d0030958_523767.jpg

下あご(?)を作り

d0030958_534751.jpg

接着。

d0030958_54698.jpg

とりあえず、頭部が大方できました。
ピョコンと出てる棒状は、穴を塞ぐために接着したもので、後で削ります。


というわけで、以下続きます~。
[PR]
by osekkaisensei | 2014-08-27 13:04 | 一箱デッチアゲ | Comments(4)
Commented by かつお節 at 2014-09-01 22:25 x
私、この作品のことを勝手に
「デンドロウィーゴ」だの「ネオ・ウィオング」とか命名してました。

デッチアゲ関係のページを編集して
「岡本一広のすばらしき造形世界」
というタイトルで本にしたら儲かりそうですね。
Commented by osekkaisensei at 2014-09-02 14:20
>かつお節さま
ネオ・ウィオングは大げさすぎますw
本にするのは皆さんから言われるので、
ちょっとだけその気にはなってます。
今やってる仕事が終われば・・・
終われ・・・!
Commented at 2014-09-02 17:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-09-02 21:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。