とりょとりょ塗料のランナさん

HIQパーツさんにて、「ホビーショップのランナさん」第56、57話がアップされています。

非常にお久しぶりの更新になってしまいました。

塗料については、本編にも書きましたが
「なんとなくそんな感じのもの」というフワフワした認識で
ラッカー、アクリル、エナメルというものを把握していましたが
いざ一歩踏み込んで描こうとすると、わからないことだらけ。
塗料の本を読んでみると、専門的すぎて言葉の意味から調べ直さないと
理解できない始末。

なので、この2本のランナさんについては
作画より勉強の時間が何倍もかかってしまいました(笑)。

おっと、言い訳になってしまった・・・カッコ悪い!
まあまあ、見てくんなせえ!


ハイキューパーツさんは最近、デカールのプリント代行も始められたようです。
HIQPRINT
攻めてるなあ。
[PR]
by osekkaisensei | 2015-06-14 01:38 | ランナさん | Comments(2)
Commented by しょういちろう at 2015-06-18 00:22 x
こんばんは。
以前ブログにコメントを頂戴しましたしょういちろうと申します。その節はありがとうございました。
さて、ランナさんの更新楽しみにしておりました。私も模型用塗料の呼称について混乱しておりましたので、丁寧に説明されているのでとても参考になりました。
いろんな意味で深いですよねw日本の模型用塗料の特殊性を改めて感じました。でもいわゆるラッカー系(Mr.カラーなど)を普通に購入できることはラッキーと思わなくてはですね。
次回のエマルジョン系の話もとても楽しみにしております!
Commented by osekkaisensei at 2015-06-18 02:28
>しょういちろうさま
コメントありがとうございます!
今回の塗料についてのシリーズは元々「うんちくプラモデル」で調べ物をしてて、鉄道模型の本の塗料の表記が、いわゆるプラモデルの雑誌や本のものと違うということに気づいたのが発端でした。「うんプラ」で扱うにはページ数が足りそうになかったので、ランナさんにお願いした次第です。DIYで取り扱ってる塗料とも表記が違うし、調べるほどややこしいんですが、何とか分かりやすく描きたいと思ってます。
ちなみに、海外ではアクリルエマルジョン塗料が主流のようなんですよ。