カテゴリ:ニュース番組( 1 )

 悲惨な事件が起きてしばらく日が経つと、テレビマスコミは被害者の人と成りをクローズアップして、「こんな罪の無い、善良な人の未来が奪われましたよ。かわいそうですねえ」というようなのをやりますよね。あれ、もうやめてほしいです。
 正直、どうでもいいんです。被害に遭った人がどんな人だったかなんて。遺族が悲しいのは当然だし、事件が起きたことは許すべきでは無い。でも、視聴者が知るべきは事件事故の原因、再発防止策などであって、被害者の人格ではないんです。少なくとも、ニュースでやるような内容ではない。

もうすぐ5歳になる息子に、ヤッターマンブームが到来してます。カートゥーンネットワークでやってるんです。おかげで、微妙に間違った「ヤッターマンの歌」を一日中聞かされてます。
[PR]