カテゴリ:アニメ( 14 )

ちょっと前からブログにyoutubeが貼れるようになってたのですが、せっかくなので以前紹介した板野サーカスを貼っておきます。




なんも言えねえ。超気持ちいい。
[PR]
ナウシカ観てたら、やたらとエコエコいうCMが入ってて、そりゃまあそういうのを入れたくなる気持ちも分からんでもないんだけど、なんだかなあ、ってトホホな気持ちになりました。
それにしても改めて「ナウシカ」のすごさを実感しました。そりゃあ参るよね。今やもうスタンダードな感じになってるけど、あの時代にあのクオリティ、テーマ。特別だ、異常だ、奇跡だ、って言うのは簡単だけど、それをやってのけたのも我々と同じ人間なんですよね。今、ものを作る側の立場になってるけど、あそこまでは到底たどり着けないということを、またも見せ付けられましたよ。

スタッフロールにも今やすごくなってる人の名前がちらほら。安田成美とかね。
[PR]
アシスタント中、吉野ケイイチとしゃべってて、そういえば僕は「ろぼっ子ビートン」がすごく好きだったなあ、と思い出しまして、先ほどニコニコ動画で観てみました。とはいえあまり数は無く、「ネンネンは裸でごめんネ」の回しか観れませんでしたが。ビートンの造形からすっかり藤子・F・不二夫原作だとばかり思ってましたが、全くの無関係でした。キャラクターデザインは安彦良和氏。エロい。さらに「ネンネンは~」の回が輪をかけてエロい。あんなにエロいから僕は好きだったんでしょうか。いや、ビートンの、へたれだけど男気があるところが好きだったんです。と、思いたい。

レンタルで探してみっか。あるかなあ。無いような気もするけど。
[PR]
ニコニコ動画で「墓場鬼太郎」1、2話観ました。何だろう、この制作側の志の高さは。やりすぎてて子供が観たら泣き出しそう。お話もシュールで、かえってリアル。また観よう。

今日は雨降りで、なわとびの出だしをいきなりくじかれました。家の中で出来る運動をしろってことか。
[PR]
今さらですがバンダイチャンネルで「マクロスF」を観ました。悪くないけど…もうちょっとどうにかなったんじゃないかなあ。また期待しすぎたんでしょうか。
昨日テレビでやってた「ファンタスティック・フォー」も観ました。こっちもどうも…。いっそアニメ版みたいに、登場人物がもっと能天気なほうが良かったんじゃないかなあ。人物の掘り下げが中途半端になっちゃってる。インビジブル・ガールだけは妙に意識してしまいました。

心底面白いものを観なければ!
[PR]
ヤッターマン観ました。本編はまあ、思ったより、思ったよりは悪くなかったんじゃないでしょうか。ちょっとテンポが悪かったり、ヤッターワンのデザインが改悪されてたり、イラつく崩し顔だったり、ナンセンスさや生活臭がイマイチだったりはするものの、まあ、最近のアニメらしいじゃないの。「こんなもんか」って範囲。いい!ってことでは、ないけど。

問題は…まあ歌ですな。三悪とドクロベエをがっちりキャスチィングするほどの入れ込み具合は何なんだ。山本正之をあえて外す意味が分からない。大人の事情、なんてレベルじゃなく、アニメ制作側にも、山本正之にも、世良正則にも、野村義男にも、若年&昔からの視聴者にも、得になってない。いや、世良正則のボーカルは意外にも悪くなかったけど。編曲かな問題は。あとエンディングも、ミヒマルGTって…。

表に出てこない事情に、制作者の熱意が思いっきり負けてしまった作品なんでしょう。まだ第一話だけど。
それにしても三悪とドクロベエの声が全く変わってないのは脅威だ。70歳オーバーなのに。
[PR]
更新をすっかり忘れてました。

録りためてた「太陽の牙ダグラム」を数話観ました。子供相手だからと妥協しない重厚なドラマ作り、と言えば聞こえはいいですが、明らかにあれはやりすぎです。大人でもちゃんと観てないと訳わからんようになるくらい複雑な政治劇。小学生の頃、地元岡山では土曜朝7時30分から8時にやっていて、学校に行くギリギリまで、何とか理解しようと一生懸命観るんですが、どうしても眠くなる。何だか難しいアニメだなあ、という印象ばかりの作品でした。CBアーマーのデザインは当時から好きでしたが。父親が面白いと言って毎週楽しみにしてました。

さあ、今年も今日で終わりですよ。
[PR]
グレンラガンを半分まで観ました。まとめて観るにはいささか食傷するほど熱く、まっとうで良質な巨大ロボットアニメでした!こりゃあすげえ!誰もが思うことでしょうが、世界観やキャラ配置、プロットが「ザブングル」に似ていますね。主人公たちの乗る母艦型ロボが赤いのは明確なオマージュでしょう。
ただロボットのデザインが、嫌いじゃないんだけどもうひとつ好きになりきれない。まあ僕の好みなんですが。

重要なキャラの一人、カミナが散る話(第8話)が、野球中継のために放送日が変更されていて、そんなこと知らんので録画できていませんでした。ニコニコ動画で観ることが出来たので事なきを得ましたが、野球は野球専門チャンネルを作って、そこだけでやっていただきたい。ますます野球が嫌いになるんです。まあ5ヶ月近く前の話ですが。
[PR]
そのうち劇場版ヱヴァンゲリヲンを観に行くつもりになったので、予習しないとなあと思い「DEATH&REBARTH」(だっけ?)をあらためて観ました。いやあ、ものすごいなあ。
実は僕はエヴァにはあまりはまらなかったんです。当時、みんなが「これはすごいぞ」って騒ぎ出し、あれよあれよとブームになった時、僕は完全に乗り遅れてました。そういう時、「ケッ!」となる人間なんです僕は。そしてブームが沈静化し、山のように出版されたエヴァ関係の本がブックオフで100円になった頃、こっそりまとめて観たものです。すげえ面白え!って。でも同時に「こりゃしんどい作品だなあ」とも思いました。
あれにどっぷりはまってしまった人は、あの影響から抜け出すのに大変だったんではないでしょうか。未だに抜け出せられない人もいるんかもしれませんね。あれにはまってたら僕の「マンガ描けない病」が収まるのにあと5年は余計にかかったかもしれません。怖い怖い。エヴァのデザインが僕好みじゃなくて本当によかった。

でも名作には違いない。「まごころを君に」も観よう。新劇場版も期待しちゃう。サービスサービス!
[PR]
テレビでやってた「時をかける少女」を観ましたよ。かけてましたなあ。プロットがうまいこと作ってるんだけど結構複雑で、何度か観てはじめて本来の感動が得られるのかしらと思いました。すごくいい映画だとは思いますが、前評判が良すぎて実際観ると「こんなもんか」と少し思ってしまいましたよ。前評判でけなされてた「ブレイブ・ストーリー」はそんな悪くないと感じたし、前評判って重要ですね。誉められすぎず、けなされすぎずのニュートラルな前評判が一番いいな。

「トランスルーセント」をまだ読んでない方へ。この作品は、面白いような面白くないような、甘酸っぱいようなほんわかなような、泣けるようなそうでもないような、でも絵は下手。そんなマンガです。よかったら読んでみて。いや無理して読む必要もないけど。


近所に住む、マンガ家志望のY君が投稿作を見てほしいと持ってやってきました。逆にやる気をもらいましたぜ。
[PR]