<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

タイトルが個人的なことで申し訳ないですが。
数日前に、思い切って髪の毛をバッサリ刈りまして。
極めてスッキリして臨んだ、恒例の「松山の模型のお茶会」。
今回も楽しい時間をすごせました。

d0030958_2195544.jpg

d0030958_2202317.jpg

d0030958_2204636.jpg

d0030958_2213117.jpg

写真、ちょっと少なめでした。うっかりです。

みなさんで持ち寄った模型の数はいつもより少ない印象を持ってましたが
思い返せば、そうでもなかった気もします。
いつもが多い、ってのもありますし、僕の方も
持ち寄り模型がたくさんあって当たり前、ていう気分になってたのかも。
他では得難い会合であるというのは変わらないので、「一期一会」の気持ちは
忘れてはいけません。

有り、難い 。
肝に銘じます!


今回。
毎回参加されてる、Ma.k.3Dムービー制作を手がけてらっしゃる高瀬発煙機さんに
僕の姿を3Dスキャンしてもらいました。
やりようによっては僕の立体人形を3Dプリンタで出力したりできるようです。
キン肉マン的に言えば
「言葉の意味はよくわからんが、とにかく大した遊びだ!」
といったところでしょうか。
出来上がりが楽しみです。

あと、前回のお茶会にゲストで来られてた
モデリズム 小林和史さんに、
「カクカクチューブM20号」を作ってくれたお礼、ってことで、なんと!
d0030958_2375858.jpg

小林和史さん原型制作による、1/100ブラッカリィのガレージキットを頂いてしまいました!
くう~~~!!こんなことある!?

有り難うございます!!!!
[PR]
d0030958_22243930.jpg


4月2日に開催された、
「館長庵野秀明 特撮博物館~ミニチュアで見る昭和平成の技~」の、
「プレミアム内覧会」と
3日に行われたオープニング企画の「座談会」の抽選に
どっちも当たったので、どっちにも行ってきました。

「内覧会」は、博覧会開催前に招待客に観てもらうという企画で
松山では一足先に観られて幸せでした。
でも、会は一時間半で終わり。もう少し長く観たかった!と思いましたが
よく考えれば、それも開催側の作戦のうちだったんでしょう。
まんまと引っかかった!(前売り券は買ってありますが・・・)

これから行く方は、3時間は確保しておいた方がいいと思います。
「巨神兵~」は3回は観るでしょ?あとメイキング映像もあるので。

撮影してもいい特撮セットもあります。
終了ギリギリまでいたんですが、地元TVのインタビューを受ける樋口監督に接近遭遇!
d0030958_2224792.jpg

巨大だ!


「座談会」は、南海放送本町会館で行われました。
メンバーは
樋口真嗣さん (特撮博物館副館長/映画監督)
尾上克郎さん(株式会社特撮研究所 専務取締役/特撮監督)
三池敏夫さん(株式会社特撮研究所/特技監督)

特撮の生き字引ともいえるお三方が、資料をまじえた「特撮の歴史講座」を
時間オーバー気味に詳しく、かつ面白く解説してくださいました。
あらためて特撮とは、愛でるべきものであるなあと感じました。


というわけで、濃ゆい2日でありました!
[PR]
by osekkaisensei | 2013-04-03 22:35 | 日々 | Comments(3)