<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

かつて僕は、青年向け雑誌「月刊 コミックフラッパー」で
「トランスルーセント ~彼女は半透明~」という漫画を連載させてもらってました。
初めての連載、単行本で、2003年3月から2006年11月号まで掲載、と奥付にあります。

この作品を描くきっかけは、漫画原稿を投稿し入賞したコミックフラッパーで、
新人漫画家に、テーマを決めて短編を描かせる、という企画をやる、と。
第一回目としてのテーマが、「透明人間」。
電話で担当のI氏に企画を説明され、わかりました考えてみますと言って電話を切った30秒後には
第一話のプロットが頭の中で出来てました。
その時の自分は、まじでオレ天才だと思いましたが、その時限りでした・・・。

女の子が、透明人間になる。
病気で。
透明病。
思春期の女の子が透明になってしまい悩んでる。

主人公は「透明病」という病気に冒されてしまった中学2年生の少女、白山しずかと、
彼女を見守り、時にはげます唯見マモル。


当時の僕は、ようやく、本当にようやく、
キャラクターの動かし方ということを掴みかけてた時期でして
「自分の子供に、どんな人物になってほしいか」「どんな友達がいててほしいか」
と、岡本一広本人ではなく、自分の子供に投影することで
驚くほどすんなり動かすことができたんです。
だから、マモルとしずかは僕の子供であり、
大河内さんは、理想の子供の友達なんですよ。

「透明病」については、科学的にどうとか考え始めると
設定に首を絞められ、自由に描けない予感がバリバリしましたので、
あえて深く考えないようにし、あくまでしずかの抱える問題としてだけ描きました。
この判断は今でも間違ってなかったと思ってます。


最初は「透明人間」の企画のうちの1本のつもりだったんですが、
思ってた以上に評判をいただき、誌面に空きがあった時に載せる、という
不定期シリーズ連載みたいな形で、ちょこちょこ誌面におじゃまするようになります。
単行本の2巻、第9幕か10幕あたりまで。その後ちゃんとした「連載」ということに。

連載は、一部で評価してもらってたものの、
いかんせん、単行本が売れません。
売れないのに、3年以上連載が続けられたのは、
担当編集者I氏の尽力が大きかったんだと想像してます。

連載終了が決まり、最終巻である5巻の作業に入る時、I氏に言われました。
「4巻までの売上を見るに、大方の予想では発売すると赤字になる。
会社としては5巻の発行は無理。
でも、自分としてはこの作品は、最終巻も出して
きちんとまとめたひとつの作品、であるべきだと思うんです」

で、I氏が裏ワザにも取れるような方法を駆使して、第5巻は発売されたんです。
今じゃ考えられないことです。
I氏にはいくら感謝しても足りません。


連載が終わって2007年、大阪にある小劇団が、「トランスルーセント」を舞台にしたい、と言ってくれました。
「シアターシンクタンク 万化」という劇団さんです。
もちろん快諾し、担当I氏とともに観劇させていただきました。そして感激しました。
連載中、最後まで大河内さんの下の名前を決めかねていたんですが
「万化」の主宰、美浜源八さんに「大河内夏香」と決めていただきましたよ。


今でも、ツイッターなどで「トランスルーセント好きでした。今でもたまに読み返します」
と言ってくれる人がいたりします。
本当に幸せな作品だと思います。
ヒットもしてないのに、作品のWikipediaがあったり。
架空のアニメのオープニングテーマを作ってくれる人があったり。

本当にありがたいです。



長々と書きましたが、書こうと思ったのはですね、
発行元のメディアファクトリーの親会社のカドカワが、
ニコニコカドカワフェアというのを9月30日からやってるんですよ。
参加してる各コミックの電子版がほぼ半額になるフェアで、「トランス~」も対象になってます。
ebook japanさんがこちら。
「トランスルーセント~彼女は半透明~」はこちら。10月14日までだそうなのでお早めに!

でももう、売れる売れないはどうでもよくなってます。
絵がへたくそなのは自覚してますんで、心のハードルを下げて読んでほしいです。

主人公の3人を描きました。
translucent 10 years after
d0030958_2463643.jpg

[PR]