先日、岡山の実家に帰りました。
で、いつものように元自分の部屋のクローゼットを探っていたら、
過去に使ってた下敷きの束が出てきたので持ち帰りました。
みなさん興味無いかもしれませんが紹介しますよ。

まずはこちら。
d0030958_128999.jpg

d0030958_129917.jpg

東映ビデオジャケット集なやつ。裏は「テレホンボード」という、
書き込んで電話帳にしなよ的なやつ。定規にもなるすぐれもの。
これを含め、どうやって入手したのかよく覚えてないのが多いです。


d0030958_133353.jpg

ミニ四駆を買った覚えはないんですが。裏面は真っ白です。

d0030958_135050.jpg
d0030958_1351585.jpg

この2枚、表裏ではなく2枚。真っ黒な下敷きに、駄菓子屋で売ってたようなシールが貼ってあります。
小学校でかなり使ってた覚えがありますわ。


d0030958_1381883.jpg

d0030958_1383791.jpg

これどこでもらったんだろう?すごろくになってますが、遊んだ記憶はありません。


d0030958_1404481.jpg

d0030958_1414057.jpg

色使いが男らしい。


d0030958_141876.jpg

d0030958_1434172.jpg

我らがプラモ狂四郎。


d0030958_1445429.jpg
d0030958_145105.jpg

これ、厳密には下敷きではなく、映画のフライヤー(チラシ)をラミネートしたものですわ確か。
誰かにやってもらったんだっけ。記憶が・・・。


d0030958_147113.jpg

最初の箱絵の1/144エルガイムに同封されてたやつ、だったような。


d0030958_1493862.jpg
d0030958_1495415.jpg

バイファム。これはアニメグッズ店で買ったものですね。
プラモ以外で当時の僕がお金を使うというのは珍しいですよ。


d0030958_1525114.jpg
d0030958_153715.jpg

これも買ったザブングル。センスが素晴らしい。なんとかっこいい下敷きでしょうか。
バイファムとザブングルは気に入ってたらしく、かなり使い込んでます。


d0030958_1552796.jpg
d0030958_155429.jpg

夏休み模型まつり 特製プラモデル下敷 No.1


d0030958_1564888.jpg
d0030958_157387.jpg

そしてなぜかNo.4。
見てるだけでワクワクします。
セメダイン社の「プラモデル用 CAP TWO」なんて知らなかった。
フタが二つになることでどういうメリットが・・・?(笑)


というわけで、下敷きでした。
[PR]
# by osekkaisensei | 2016-04-05 02:09 | 日々 | Comments(2)
愛媛美術館でやってた、「生命大躍進展」に行ってきました。
d0030958_1840515.jpg


生命誕生から40億年分の歴史をざっと紹介してました。
なんと写真撮影OK!
d0030958_1842187.jpg
d0030958_18421874.jpg

アノマロカリス!何度見ても、どうかしてるデザイン。
ほかにも、バージェス頁岩動物群はやっぱりどうかしてる形ばかりで楽しい。

d0030958_18453538.jpg

d0030958_1846767.jpg
d0030958_18463065.jpg
d0030958_18464789.jpg
d0030958_1847234.jpg

類人猿の頭部骨格。異星人感。

d0030958_1848483.jpg
d0030958_18482641.jpg

2メートルを超す「ウミサソリ」の実物大ぬいぐるみ。30万円超えで誰が買うんだ(笑)。

d0030958_1851449.jpg

春日さん・・・!
明日までの「黄金のファラオと大ピラミッド展」も行きました。
木棺の装飾が圧巻でしたわー。
[PR]
# by osekkaisensei | 2016-03-26 18:54 | 日々 | Comments(0)
僕 岡本一広は、世間的に自己紹介するとしたら
「漫画家」ということにはなるんでしょうが
現在の収入のほとんどは
「漫画アシスタント」によるものです。

つまり、他の漫画家による原稿に
背景を描いたり、スクリーントーンを貼ったり。
で、背景を描く時によく使う道具のひとつに

直線定規

というものがあります。
漫画を描かない皆さんにもおなじみの、
何の変哲もない、あの定規ですよ。
どこにでも売ってますよね。文具屋だけでなく、
100円ショップやコンビニ、なんならスーパーの文具売り場にさえ。

でも。
我々アナログ漫画を描く者にとって、定規の選択は意外に難しいんです。
世に出回っている定規のほとんどは、
「分厚すぎる」のです!

背景のペン入れは主に「丸ペン」と呼ばれるつけペンに
インクを付けて行います。
その際、定規が厚すぎると、ペンの先と紙との距離が遠いので
安定しづらく、直線が直線にならない、という不細工なことになりやすい。

つけペンなんて使わねえし直線なんて引かねえし、
という方がほとんどでしょうから詳しくは書きませんが、
我々はとにかく、

「透明で薄くて斜めカット部分が鋭く長い、20センチ程度の」定規
を求めています!

d0030958_0125096.jpg


なぜこんなことをブログに書いたかというと、
先日、長年愛用してた「理想に近い定規」に
若干傷が付き、ストックも無いことに戦慄したからです。
まあ作画にはそれほど影響が無いようなのですが、
メーカーも書いてなくて探せないので困ってます。
代わりのものとして、無印良品の15センチアクリル定規が
まあまあ薄くていいかな、方眼も付いてるのでいいぞ、と思い
使ってみたんですが、
ペンに当たる部分が太くて、摩擦が大きく
集中線を引く時にシュパッと引きにくくて・・・。

d0030958_019493.jpg

上から
現在愛用してる「理想に近い定規」
無印良品の「まあまあいい定規」
薄いのでいいかな、と思って同じものをいくつか買ったものの、
「斜めカット部分が浅くて使いづらい定規」

ちなみに「理想に近い定規」含め、
だいたい一本100円前後のもの。
だからこそ、、、
これ!と思った定規は、買い占めよう!!!

そして定規メーカーさんは
僕にプロデュースさせてください!

報酬は「理想の定規」20本でいいです!
[PR]
# by osekkaisensei | 2016-02-13 00:28 | マンガ | Comments(2)
2016年は新しいことをやろう、と強く思ったわけではないのですが
昨年、小林有吾くんの仕事場で
基本アナログ作業でやってるんですが
「ここはデジタルの方が早い」という箇所をですね、
スタッフの前山三都里がCLIP STUDIOを駆使して
そりゃもうすごいスピードで仕上げていく姿を目の当たりにしまして。
ちょっとクリスタにも耐性つけておかんと
置いてかれる!と危機感を覚えたのです。

聞けばソフトも安いし、そんなに難しいものでもない、と。
フォトショップが使えてるならなおさらだ、と。

ってことで始めてみたんですが、不慣れなソフトである事実は変わらず、
まーテキスト読んでもわからない。
書いてある手順通りにやってみても、なんで結果がちがうのよおおおおお~~ッ!
イライライライライライラしながら、やっと「トーン貼り」は覚えました。
結果はこちら!(ペン入れまではアナログです)

d0030958_0143875.jpg

ああ、まだ道のりは長い・・・。
[PR]
# by osekkaisensei | 2016-01-09 00:15 | 日々 | Comments(2)
大晦日でごんすなあ。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

我が家では来年に長男が高校受験でして
全く勉強するやる気の無い様子に不安を感じたりしております。
色々うるさく言うんですがあまり響いてない・・・。
まあ、本人次第なんですけどね。


仕事を振り返ってみると、
去年の今頃は「うんちくプラモデル」の執筆に追われ
年末年始など関係なく机にかじりついてました。
一月半ばに脱稿した後も
すぐさま福崎町の顔出し看板を描きました。

その後は、自分の作品仕事はお休み。
アシスタント業がめちゃくちゃ忙しくなりまして
そのまま年末になったような気がします。
週刊ビッグコミックスピリッツに連載中の
小林有吾「アオアシ」に背景描きとして入ったりしたので。
激アツサッカー漫画なんで是非!

まあ他にイラスト仕事とか「ランナさん」もやりましたけど。

来年は何か、自分の作品を描きたいと思ってます。
営業かけないとな~。


模型関係で言えば、少しお付き合いのある
小林和史さんの「メカトロウィーゴ」がプラキット化され、
大躍進を遂げた年でもありました。
ファンの一人として、非常にうれしく思ってます。
まだまだ動きがありそうなので、来年も楽しみですな。


まあそんなこんなで、
来年はちゃんと自分の仕事もできるようがんばりますー!

イラストはpixivにもアップしたウィーゴらくがき。
d0030958_169992.jpg

[PR]
# by osekkaisensei | 2015-12-31 16:15 | 日々 | Comments(2)
また更新に一ヶ月の空きを作ってしまいました。メンゴメンゴ。

HIQパーツさんにて、「ホビーショップのランナさん」第60、61話が更新されています。
塗料編はこれで終了です。

62話もすでに入稿してるので、近々更新されると思います。

今見返したら、塗料編の最初、第54話が更新された、という記事を
2014年の10月2日に書いてました。
何やってんだよ自分!

来年はもう少しペースアップしたいと思います・・・!
[PR]
すっかりごぶさたしてしまいすみません。ブヒー。

アシスタント仕事と造形コンテストに追われて
何も書く気が起こらず・・・。
よくありませんな。

今回は、今年2015年の3月に発売された
「マンガ・うんちくプラモデル」について書きたいと思います。

以前継がりのあった担当編集者さんが
出版社を変わり、メディアファクトリーの「マンガ・うんちく」シリーズを
作る部署に配属された、と。
実は妻の元担当者だったんですが
妻が「うちの夫がプラモ好きで・・・」と言ってたのを
覚えててくれて、「うんちくプラモデル、ってのを描きませんか」と。

当初は去年の春頃の発売を目指そう、と言ってたんですが
諸般の事情で遅れに遅れ、企画が本格的に動き出したのは
夏になってからでした。

描き始めてみて気づいたのは、
長年モデラーやってて、「ランナさん」って漫画も描いているにもかかわらず
プラモデルというものについて知らないことがあまりにも多かった、ということです。
「うんちくプラモデル」に書いてあるうんちくの6割くらいは
今回調べて知ったことじゃないかなあ。
なんせほとんどアニメロボ系のしか
作ったことなかったし、たまにスケール物をいじっても
全然違う物に仕立てあげたりと、まともな作り方しないし。
そういう意味で、すごく勉強になりました。

5月には、浜松ジオラマファクトリー、そして
あの!静岡ホビーショーに取材として行くことができました。
浜松~では館長の内山さん、静岡で山田卓司さんにインタビューというか
お話をさせていただきましたよ。
ホビーショーでの、モデラーズクラブ合同展示会では
ツイッターでも交流させてもらってるモデラーさんにたくさん会えました。
楽しかったわあ。
静岡ホビーショーに取材に行った際に思いついたのが
最終17話で全登場キャラがホビーショーで出会い、プラモデルの未来を語る、
という筋書きです。
いやー、取材はするもんですねえ。

でも夏が過ぎ、秋になると突然、出版日が決まります。
2015年3月。で、締め切りは逆算すると1月。
ネーム(下描きの下描き)はまだ全部そろってない。
所属してる狸模型会の展示会が11月にありましたが、
それが終わってから年明けまで、どうやって描いたのか
よく覚えてないほどです。
結果的に「ガンプラ35周年」に組み込まれることになり
まあよかったのかな。

全17話あって、各章には扉絵を描く予定でしたが断念。
本当はもう一話、「城、バイク模型とモーター」の章を入れる予定があったのを断念。
監修してくださった中村公彦さんのプラモコラムも断念。
色々と心残りはありましたが、それでもやれるだけの事はやりました。
特に担当編集者さんは、登場する全てのメーカー、モデラーに確認と了承を取り、
確認に確認を重ねてくれました。
本当にめんどくさかっただろうと思います。本当に。

モーターに関しては、プラモデル黎明期、プラモの多くは「動く模型」であり
動力の多くはモーター、そしてその多くは「マブチモーター」でした。
プラモデルブームの影の立役者とも言えるわけで
どうしても入れたかったんですが、スケジュール的に厳しくなってしまい
泣く泣く断念しました。

鉄道模型は、ほとんど知らないことだらけで難航した覚えがあります。
鉄模の本を読んでて、塗料の表記が他の模型誌と違うことに気づき
でも「うんちく~」に入れるスペースが無いため
「ランナさん」で取り上げる、という事態にもなりました。
第7話「鉄道プラモデル」で、キャラ達がおしゃべりしてる喫茶店は
筆吉純一郎著「漫画うんちく鉄道」の第1話及び12話に登場する
「鉄分の多い店 喫茶超特急」です。
こっそりコラボしました。


3月に発売してから現在までにも、プラモデル界には
新たなうんちくがたくさん生まれてます。
どこかで描かせてください(笑)。
ちなみにこのシリーズは「マンガ・うんちく名古屋」を最後に
終了してしまいました。
「うんちく四国」、描きたかったなあ。

d0030958_21251012.jpg

画像は一枚だけ描いていた、トビラ絵です。
タミヤの1/16ワールドフィギュアシリーズのパロディ。
[PR]
# by osekkaisensei | 2015-11-04 21:30 | マンガ | Comments(2)
HIQパーツさんにて、
「ホビーショップのランナさん」第58、59話が更新されています。
引き続き塗料のお話です。
塗料はあと1、2回くらいで終わるとは思いますが。

58話のタイトルのコマでも書いてますが
塗料について、ホルベイン工業技術部・編の「絵具の科学」(中央公論美術出版部)
という本を大いに参考にさせてもらってます。
ちょっとお高いですが、専門書の割には比較的読みやすいと思います。
塗料、絵の具の歴史とか、勉強になりますのでぜひ。
[PR]
去る8月28日、もうすぐ夏休みも終わるということで
かねてより登りたいと言っていた、石鎚山に行ってきました。
僕、妻、次男で。長男は受験生のため留守番。

d0030958_1652320.jpg

石鎚山は、四国はもとより、西日本の中でも最も高い山。1982メートル。
まあ全部登るわけではなく、途中までは車で。
いくつか登山ルートがありますが、今回は土小屋ルートを選びました。
土小屋、ってのはそういう小屋があるわけではなく、地名です。
ここで標高1492m。伊予の国、と語呂合わせ。
d0030958_1654462.jpg

メカトロウィーゴくんも連れてきました。

d0030958_1665283.jpg

土小屋遥拝殿。
d0030958_1693690.jpg

かっこいい狛犬。

d0030958_16102636.jpg

さあ歩きましょう。

と、少し歩いたところで、山の中なのに突然「ヒュウウウウウウウンンン」というエンジンのような音が。
近くに「面河自然の家」があり、ふと見ると
d0030958_1611588.jpg

駐車場?にヘリコプターが!飛び立っていきました。

d0030958_16143816.jpg

d0030958_1615711.jpg

我々の他にも歩いてる方は結構いました。

d0030958_16163670.jpg

ボッキリ。

d0030958_16171154.jpg

d0030958_16175252.jpg

あと2.5km。結構しんどいですが、次男は元気いっぱい。

d0030958_16191939.jpg

森。
d0030958_16194625.jpg

コダマごっこ。カチカチカチカチ

d0030958_16205520.jpg

バリィ先輩!チッスチッス

d0030958_16222750.jpg

ブラタモリのロケかな?タモさん、グラサン忘れてますよ!

d0030958_16234675.jpg
d0030958_1624448.jpg

かっこいい看板。
d0030958_16245191.jpg
d0030958_16295768.jpg

このウォーカーマシン、どうやって運んだんだろう・・・?

d0030958_16311970.jpg

次男が登りたいというので、鎖を登りました。これは二の鎖。
妻は迂回路。
正直、きつかったです(笑)。下を見るたびに命の危険を感じる。
達成感は半端ないですが、もうごめんです。三の鎖もあったけどやめました。足がガクガク。

d0030958_16334018.jpg

ついに!

d0030958_16354096.jpg
d0030958_16361044.jpg

我こそは 西日本で最も高みにいる ウィーゴなり!!

d0030958_16374749.jpg

d0030958_16382086.jpg

向こうに見えるのが天狗岳。一番高いのはあそこです。8m差。
d0030958_1640771.jpg

d0030958_16403962.jpg
d0030958_1640564.jpg

(これアカンやつや・・・)
d0030958_1642740.jpg

お昼を食べて、帰ります。
d0030958_16425831.jpg
d0030958_16431354.jpg

やべえキノコ2種。


d0030958_1643537.jpg

というわけで、楽しい登山でございました。
オチはありません(笑)。


【追記】今回の登山を次男が新聞にしました。夏休みの宿題です。
d0030958_17341375.jpg

[PR]
# by osekkaisensei | 2015-08-31 16:47 | 日々 | Comments(0)
後半です。だんだんモノが大きくなります(笑)。

d0030958_13054.jpg

d0030958_132816.jpg

d0030958_135398.jpg

d0030958_142011.jpg

ほんと、普段どこにしまってるんだろう(笑)。


d0030958_151956.jpg

こちらは岡山の「未完成チーム」の作品。
d0030958_163991.jpg

月面でアダムスキー型円盤を発見、のジオラマ。


d0030958_174281.jpg

雑誌「スケールアビエイション」でコラムを連載されてる、きららさんの作品!

d0030958_194522.jpg

デアゴスティーニ!でかい!

d0030958_1105670.jpg

デカコーナー。後ろに写ってるのはリアルベビーカー。

d0030958_113185.jpg

d0030958_1132447.jpg

1/350ニュージャージー。その奥にあるのは1/250空母翔鶴なんですが、
d0030958_115322.jpg

キャプションにはさりげなく、「ランナーにて作成」と書いてあり、
どういうことなのか脳が処理できずにいましたら、製作記が置いてありました。
d0030958_1175363.jpg

d0030958_1181870.jpg

ランナーで作成!してた!!

さすがに甲板はプラ板製のようですが、なぜ!ランナーで!
ちなみにランナーとは、プラモデルのパーツの周りにある枠のことです。
プラモを作ってしまえばただのゴミになるんですが、
プラモと同じ材質であるため加工しやすく、プラモ用接着剤や塗料が使えて
それなりに便利な材料ではあるんですが・・・なぜランナーで!?
こんな大きいものを・・・。
作者さんにはすごく興味が沸いたんですが、飛び入り参加者らしく、お話は聞けませんでした。
残念!


d0030958_1262443.jpg

こちらは正攻法(?)でのフルスクラッチ、1/200隼鷹。
ため息しか出ない。
d0030958_129220.jpg
d0030958_1292859.jpg
d0030958_129513.jpg
d0030958_1304233.jpg
d0030958_131874.jpg
d0030958_131503.jpg

1/200戦艦霧島。
d0030958_1333921.jpg
d0030958_134055.jpg
d0030958_1342692.jpg
d0030958_1351235.jpg

次回作も楽しみです・・・!!!


d0030958_136224.jpg

もうひと方、こちらは1/100駆逐艦を持ってきた方。
組み立て途中でしたが、時間切れで我々は帰りました。
あ、竿尾くんと行ってたんです。


いやー、すごい人がいっぱいいるなー、と思い知らされる展示会でした。
ありがとうございました!

同じフロア(愛媛県立美術館南館)でやってた書道展もついでにチラ見しました。
こっちもすごい迫力がありましたよ。
[PR]