皆様、ごぶさたしております。
前回の更新から2ヶ月近く空いてしまいましたね。
早くも1月が終わろうとしていますが、いかがお過ごしですか。

僕はといえば。
自分のキャパシティを越えるか越えないか、
いや若干越えてやしないかとも思える量の仕事をやっつけておりました。

主な仕事は、描きおろしの単行本です。
「マンガ・うんちくプラモデル」という本が出ますよ。
3月発売予定です。
作画作業はほとんど終わってまして
編集や調整作業を、担当編集者氏が鋭意進行中です。
これを描くにあたっていろいろ勉強しました。
長年プラモデルを趣味としてた僕ですが
まだまだ知らないことが膨大にあるな、と改めて痛感しました。
この本については、また改めて告知します。

それから、アシスタント業。
これまでずっとやらせてもらってた分に加えて、
新たに週刊連載を始めたご近所さんがいまして
スタッフとして呼ばれてるんですわ。
週刊ビッグコミックスピリッツで絶賛連載中の
小林有吾によるサッカー漫画、「アオアシ」!
熱くて面白いのでぜひチェックしてください!
週刊連載って、みなさん知ってますか?
何と、一週間に一度、締め切りが来るんですよ!
ううう、なんと恐ろしい!
がんばれ、小林有吾よ!

そして。
「ゲート ~自衛隊 彼の地にて・斯く戦えり~」(原作・柳内たくみ、漫画・竿尾悟) 
も、若干手伝ってます。
アニメ化ということで!盛り上がってますわね!

あと、漫画家・須本壮一先生による同人画集、「戦画2」の
作画解説アドバイザーもやらせていただいたりしてました。
この本、とらのあな等でも取り扱ってるようなので
ミリタリー、漫画、ペン画に興味のある方は是非読んで・見てください。
すごく勉強になりますよ。


てなわけで、今年もよろしくお願いします!
[PR]
# by osekkaisensei | 2015-01-28 06:58 | 日々 | Comments(2)
狸模型会作品展も終わって久しいですが、報告もできず申し訳ありません。

おかげさまで予想以上にたくさんの人に来ていただいて、
作品展としては大成功だったと言っていいのではないかと思っています。
d0030958_14313451.jpg

23日に懇親会をとある串揚げ屋で設けたんですが
自分らで串を揚げるというお店で、
同席させてもらった小林和史さんと空山竜司さんに揚げていただいた串揚げを
ハフハフと食べてる自分が、何だか不思議でした。
何で自分はここにいるんだろう、と。
いろいろと深いお話を聞かせていただき、幸せでございました。


そんなこんなではありますが、僕の方は
とある仕事が大詰めでして、もうしばらく何もできない感じでござんす。
気分転換にまただらだらと更新するかもしれまへんが。
それではまた~
[PR]
# by osekkaisensei | 2014-12-04 14:31 | 日々 | Comments(2)
こんばんは!

たぬ子(仮名)です!みんな、お元気かな?
d0030958_132625.jpg



来る11月23日、24日に、
愛媛CATVさんのオープンスタジオで
「狸模型会作品展」が開催されます!

ガンダムはじめキャラクターモデルや、
戦車や戦闘機、車やバイクなどのプラモデルを中心とした模型作品を
展示しますよ。

d0030958_1364365.jpg


基本的には模型を趣味とする素人の作品展ですが、
何と!狸模型会とご縁のある、プロモデラーさま二人の作品も展示します!
紹介してほしい?してほしい?ウフフフフ!

d0030958_1413426.jpg


もう、しょうがないなあ!
・・・じゃあ、紹介しちゃうわよ!
お一人目は・・・

雑誌「電撃ホビーマガジン」で「A.O.Z.(アドバンス・オブ・ゼータ)」のフルスクラッチ作例を
多く手がけていることでも知られる、ソラリュウこと空山竜司さん!
→公式ブログ んどばら屋

フルスクラッチとは到底思えない精度の作品は、一日中見てても飽きないわよ!
予言するわ。見たあなたは
「これがフルスクラッチなんて信じられへん」と10回はつぶやくことになる!

d0030958_1592059.jpg


お二人目は・・・

2012年にワンダーショウケースにも選ばれた
「モデリズム」こと小林和史さん!
→公式ブログモデリズム

「かわいすぎるロボ」と話題の「メカトロウィーゴ」をはじめ
バラエティに富んだ作品たちを持ってきてくださるそうよ!
しかも!!「1/35メカトロウィーゴ」のレジン製ガレージキットの販売もあります!
別売りオプションパーツ「みずでっぽう」も!
いずれも個数限定なので、欲しい人は早めに来なさい!
たぬ子(仮名)の命令です。

プロモデラーの作品が見られるってことは、入場料取るんでしょう、ですって?
HAHAHAHA。
取るわよ。ってウッソ~。
入場無料です!
え?あたしが狸だから、だますつもりなんでしょう、って?
じゃあ騙されたと思って来なさいよ!
どうせヒマなんでしょ!
d0030958_2283374.jpg

ただし駐車場は無いので、近くの有料駐車場に停めるか
公共交通機関を利用してね。自転車とかね。

23日は、近くの堀之内公園でえひめ・めつやま すごいもの博
っていうイベントもやってるので、
ついでに覗いてみたらいいと思うの。
模型屋おとつきさんが出展してるから。
そこでもウィーゴの販売があるそうよ!


というわけで、たぬ子(仮名)の宣伝でした!疲れた~!
d0030958_2355691.jpg

[PR]
気分転換に更新~。

すっかり忘れてた(汗)んですが、
去年に引き続き、今年も「兵庫県福崎町」の
秋祭りイラストを描かせていただきました。

これです。
リアル河童さんがやはり一番描いてて楽しかった。
池からザバーっと出てくるあいつです。
彼は2代目ですが、初代の動画がこちら
フクちゃんサキちゃんも描き慣れてきました。

11月1日、2日にあります(もうすぐだった!)。
お近くの方はぜひ。

福崎町観光協会
[PR]
# by osekkaisensei | 2014-10-27 00:36 | 日々 | Comments(0)
ずいぶん間が空いてしまいました。申し訳ない!

前回は腕と、胴体の大まかな製作まででしたね。

頭部カバーと胴体の接続を考えました。
ドッキングのさせやすさを考慮すると、
頭部カバーはある程度可動できるようにした方がいいようです。
というわけで
d0030958_3385471.jpg

キットの、一番でかいネームプレートを切り取り
d0030958_34006.jpg

加工。

ドリルで開口してランナーのT字になってるとこを切り取り、グリグリはめて可動関節とします。

d0030958_3441648.jpg

関節を胴体に接着。

d0030958_3494161.jpg

タイヤを作ります。
キットのホイールをいくつか繋げて、先に切り取ったパーツと幅を合わせます。

d0030958_3543281.jpg

キットが入ってた箱がありますね?その下の箱の、長い尺を幅を合わせて切り取り、巻きます。

d0030958_3592915.jpg

いきなり巻いても接着しきれませんので、このようにクセをつけてください。

d0030958_41216.jpg

瞬間接着剤でガチガチに固めてください。

d0030958_423098.jpg

腕にあるタイヤも作ります。ホイールは同じくパーツを接着。
タイヤも箱を帯状に切ったやつ。ペンに巻いてクセをつける。
塗装する際に塗料が乗りやすいように、紙のツルツルした面が表になるように巻きます。

d0030958_491178.jpg

タイヤ、三つ。

d0030958_495263.jpg

腕に接着。プラ同士の部分で丈夫に接着します。

d0030958_4104032.jpg

腕と腰を接着。腰はランナーをかませて接着することで前後の幅を調整してます。

d0030958_4161623.jpg

A-22のパーツを切り取り、

d0030958_417241.jpg

腰パーツの側面に接着。

d0030958_4182934.jpg

ウィーゴ胴体を配置してバランスを見ます。

d0030958_4192059.jpg

腕のタイヤハウスを作ります。
A-12パーツを切り取り、

d0030958_4214347.jpg

さらにA-35パーツをこのように。

d0030958_4303236.jpg

なんやかやあって、このように。(すいません、このあたり記憶が曖昧です・・・)

d0030958_4325971.jpg

B-15、16パーツを左右肩部に接着。すき間隠しですな。

d0030958_436243.jpg

B-14 パーツを真ん中で切断。

d0030958_438656.jpg

ここに。左右。

d0030958_4385742.jpg

頭部の3本ライン。B-26パーツを。

d0030958_4453015.jpg

このように。

d0030958_4463127.jpg

「アメイズ」の腕には印象的なラインがあります。
これに近づけるため、B-26、27パーツでラインをデッチアゲます。

d0030958_4473222.jpg

腕の角度に合わせて。

d0030958_4481181.jpg

腕に接着。

d0030958_449760.jpg

と、いうわけで。

d0030958_4494534.jpg

こんな感じです。

あとは塗装して完成。です。


ネタを思いついた時はもう少し違うニュアンスを想像してましたが、
結局こうなりました。
意外にまとまったと思います。

正直、内心ヒヤヒヤしてましたが、
元デザインをされた小林和史さん、Walterさんにも気に入ってもらえたようで、
本当にホッとしています。

もう少しリペイントしたりして、完成度をジタバタと高めようと思っています。
お付き合いありがとうございました~!
[PR]
ものすごくお久しぶりなんですが。
HIQパーツさんにて、「ホビーショップのランナさん」第54、55話が更新されてます。
よろしくお願いします!

今回は塗料のお話を、何話かに分けてしていきます。
(現在勉強中です)

プラモの世界にはまだまだ知らないことが多いですわ。
[PR]
NHKが見つめた四国遍路展の開会式に出席してきました。

d0030958_2245838.jpg


テープカット。

四国四県のNHKによるキャンペーン「四国遍路1200」のテーマソング時の旅人
バイオリンで演奏されるということは事前に知っていまして、
美人バイオリニストでも出てくるのかな、と淡い期待をしていましたら
d0030958_2210978.jpg

普通のおっさんだった!ズコー!(失礼千万)
でも演奏は一流でした。
感服いたしました。
ゴメンナサイ。

d0030958_22131065.jpg

会場の入口は、弘法大師空海が悟りを得たという御厨人窟(みくろど)を
モチーフにしています。ウェザリングがなかなかのもの。

d0030958_22152792.jpg

展示は、NHKが過去に放送した遍路に関するニュースとか

d0030958_221751.jpg

今までに放送されたドラマ(「花へんろ」、「ウォーカーズ」、「歩く歩く歩く」)のダイジェストや衣装とか

d0030958_22325539.jpg

昔の遍路のガイドマップとか

d0030958_22191146.jpg

お遍路さんの衣装の変遷とか。

昔は白装束に限らなかったそうです。
右は「伊予かすり」。黒っぽいので「カラス遍路」とも呼ばれたとか。
笠には出身地の頭文字(写真のは「い」)が書かれていて
首に掛かってるのは御札入れ。
今では当たり前に言う「同行二人(どうぎょうににん)」は
例え一人でも、常にお大師さんと一緒だという意味ですが
かつては同行三人、同行四人、つまり
リアルに一緒に旅をしている人数を笠に書いてたそうです。
面白いなあ。

d0030958_22341833.jpg

出た!僕が描いたやーつ!
立派にしてもらっています。デジタールに画面が変わって読めるようになってます。

d0030958_2236696.jpg

手前のお大師さん、絵は僕が描きましたが、これに色を塗った覚えが無い・・・。
どなたかが塗ってくださったんでしょう。ありがたい。

d0030958_22373842.jpg

手にとったりはできませんが、書籍も紹介されてます。
下の方に「めぐる88」もさりげなく。

写真を撮るのを忘れましたが、「眞念から300年」の眞念とは、
江戸時代の僧侶で、四国遍路のガイドブックを書いたり、
道しるべを建てて廻ったり、遍路宿を整備したりと奔走した
「四国遍路の父」とも呼ばれる人です。
この展示もありました。


d0030958_22481578.jpg

お、善根宿に「お遍路どーもくん」が!
しかし、なんだか元気がないよ。どーしちゃったんだろう。

d0030958_22502461.jpg

おや、スタッフのおねえさんたちに抱えられて、奥に連れて行かれちゃった!

d0030958_22515023.jpg

しばらくして戻ってきたどーもくんは、元気になってた。
モテモテだ!



というわけで、NHKが見つめた四国遍路展は、
9月26日から11月3日まで、松山城ふもとのロープウェイ駅舎内で開催中です。
入場無料です。

お帰りの際、出口付近にあるアンケート用紙に、僕の漫画を褒めてくださると
身悶えして喜びます。
[PR]
寝てて、夢の中でよく模型屋に行くんです。
モデラーなら誰もが経験あると思いますが。
たいてい古びた店で、子供の頃に買えなかったプラモが山のようにあって
もちろん当時価格。なんなら投げ売り状態のものだってある。
興奮して鼻血を抑えながら両手にプラモ持って
レジに行くと店員がいない。あるいは財布を持ってない。
あるいは常連の客と店員が話し込んでて・・・
要するに、買えない。

しかし、一説によると、夢の中であこがれのキットを買えてしまうと、
死ぬ、と聞きます。
だから買えなくていいんです。

そういう夢を見たあとの一日はプラモ作りたくなってしょうがないんですよね。



あ、ここまでは枕です。
ちょっと思い出したんで書いとこうと。

何年前だったか忘れましたが、
電話帳に載ってる「模型店」「玩具店」などを書き出して
手当たり次第に行ってみる、ということをしてた時期がありまして。
愛媛県内はあらかた行ったので、四国の他県にも足を延ばしました。
香川、徳島を攻めようと、車中泊がてら一泊二日で行きました。

二日目、徳島市を出たあたりでそろそろタイムリミットだな、という時間になり、
名残惜しいのでそのへんを流していました。

二日間、模型屋アンテナを張りっぱなしにしてますと
えらいもんで「模型屋がある雰囲気」が解るようになります。
まあ具体的には市街地から離れた住宅街で、小学校又は中学校がある辺りですわ。

電話帳には載っていないので事前チェックはしてません。
「その場所」、地名などは全く覚えてませんが
田んぼばかりながら家が密集してて、小学校が見える。
細い道沿いにポツンと、駄菓子屋っぽい店がありました。
僕のひたいから、ガンダムで言うところの「ニュータイプスパーク」が走りました。

他に客はいませんが、こういう時は気が大きくなってる僕は
躊躇することもなく入ります。
店内は駄菓子屋というか文具屋というか、とにかく子供相手の商品が並んでいて
プラモも少し。ガンプラ中心の、当時の新製品が並んでました。

こんなもんか、と少々がっかりしつつ、でも入った手前何か買わないとなと思い
物色していると、店のおじさんが、僕をモデラーだと思ったらしく
「プラモ作るんけ?ちょっと裏に倉庫があるんやが、覗いてみるけ?」(脚色しています)
と、ニヤリとしつつサムアップ。
(やだ・・・襲われたらどうしよう・・・)と警戒しつつ着いていくと
クルマ一台が入るかな、というくらいの大きさの木造の倉庫に

ミッチリとプラモの山が!
主にスケールモデル。戦車系が多かったように記憶してます。
そのおじさんの父上が、ここで模型屋をやっていたそうで
その在庫だということ(だったと思う・・・記憶違いならメンゴ)。

あいにく、当時の僕はスケールものはやらなかったんで、
比較的手前にあったタカラの1/24スコープドッグを買ったのかな確か。

なんかこう、まさに夢の中で見る模型屋だったんです。
また行ってみたいなあ。



(っていう話、何かで書いたような気がしてきた・・・以前ブログに書いたっけ?)
[PR]
恐れ多くもFuturistic Model Kitさんに紹介されてびっくりしていますが。。。

続きを行ってみましょう。
Ameiseの特徴のひとつである腕を作ります。

d0030958_2311738.jpg

ハセガワ1/72パンサーG型 の、B-2パーツに
ヒートペンで切り込みを入れまして

d0030958_2314953.jpg

このように分割します。

d0030958_232457.jpg

さらにカット。

d0030958_2333962.jpg

裏側にカッターで切れ込みを入れ、曲げます。

d0030958_2423689.jpg

完全に切ってしまわず、あくまで曲げるだけです。

d0030958_243229.jpg

くさび形に開いた隙間に、切ったランナータグをかまして接着。

d0030958_2453047.jpg

切れ込み入れて曲げたところで、A-3、A-4パーツをそれぞれ切断して接着します。
(写真はアタリを入れたまでしか撮ってなかった・・・)

d0030958_2485031.jpg

d0030958_2512283.jpg

接着剤の硬化待ちに、胴体というか背骨を作ります。
B-1パーツをこのように切り

d0030958_252915.jpg

d0030958_2532325.jpg

もういっちょ、こう切って

d0030958_254345.jpg

背骨と腰(?)になるかどうか、ウィーゴと合わせて確認します。
背骨は少し曲げてますね。

d0030958_257216.jpg

B-1の、残り部分をこう切ります。写真では片側しか切ってませんが、左右。

d0030958_2582239.jpg

背骨に接着し、腕(?)の基部とします。


というわけで、次回に続きます!
[PR]
2014年夏のワンダーフェスティバルにて、
モデリズム小林和史さんの呼びかけによる
「みんなのメカトロウィーゴ大集合!」に参加しました。
といっても地方から作品を送りつけ、展示などは小林氏に丸投げという
おんぶにだっこな参加なんですが。
さらに発送も模型屋おとつきさんにお願いするという甘えっぷり。

あーありがたい。


で、せっかく参加するからには何かネタを仕込みたいと思い、
時間的に厳しめだったんですが、以前から考えてたアイデアで作りました。

フランスコミックの彩色アーチストで、
ガレージキットによるオリジナルメカブランドFuturistic Modelを展開されているWalter氏の
「Ameise」に似せたメカにウィーゴを組み込んで遊べないか、というものです。


素体のウィーゴはこれ。
「みかんウィーゴ」。
d0030958_4334159.jpg

頭に乗ってる「ヘタ」は、置いてるだけです。下のキットの転輪部品でできてます。

合体!アメイズランナー!
d0030958_44675.jpg

d0030958_4471576.jpg


キットはこれを使いました。
d0030958_4304127.jpg

ハセガワ「1/72四号戦車 パンサーG型 スチールホイール」。
一箱でデッチアゲます。

今回は頭の作り方。

キットの砲塔部品がそのまま使えました。
d0030958_4363734.jpg

わかりにくいですがウィーゴ本体との大きさを比べてます。

d0030958_4389100.jpg

キューポラ部分をレザーソーで切り取ります。

d0030958_4392291.jpg

C-5のパーツがちょうどいい大きさなので、平らな方を上にして接着、穴を塞ぎます。

d0030958_4421369.jpg

D-8パーツを、砲塔の傾斜に合わせた角度に削りつつ接着。「目」にします。

d0030958_4473048.jpg

こうなります。

d0030958_4483169.jpg


d0030958_4492763.jpg

顔にゴチャメカを。A-25。

d0030958_4532288.jpg

鼻をA-18で。砲のマズルブレーキパーツですね。

d0030958_4552524.jpg

「口」を作ります。Cランナー(かな?)のタグプレート。

d0030958_4555785.jpg

幅を見まして、

d0030958_4562737.jpg

切り出します。

d0030958_4571097.jpg

ランナーとプレートとの付き方が、タグ側の方がいいようですので

d0030958_4572727.jpg

タグを削り取りました。

d0030958_511846.jpg

カッターで筋を軽く入れ、レザーソーで筋彫り。

d0030958_513446.jpg

もう一個ランナータグを切り出し、

d0030958_523767.jpg

下あご(?)を作り

d0030958_534751.jpg

接着。

d0030958_54698.jpg

とりあえず、頭部が大方できました。
ピョコンと出てる棒状は、穴を塞ぐために接着したもので、後で削ります。


というわけで、以下続きます~。
[PR]