人気ブログランキング |

福岡に行ったからってラーメンなんか食べないぜ

大学漫研時代の先輩が結婚されるとかされないとかで、彼の地元福岡に行ってきました。妻の先輩でもあるので一緒に行ったんです。子供は妻の実家に預け、八幡浜港から大分別府に渡り、ソニックに乗って博多駅。日帰りです。博多に着いたのは昼前で、披露宴は3時から。微妙に時間をもてあましつつキャナルシティへ歩いて、子供へのおみやげにポヶモンショップで買い物してスタバでひと休み。で、よせばいいのにキャナルシティのトイレで正装に着替え、博多駅を越えて会場へ、またも歩き。これが思いのほかきつくて、着いた頃にはバテバテ。呼吸が整わず立っていられないほどに。日頃の運動不足がたたりまくりです。披露宴の受付を頼まれてたんですが、始めの何人かにはしどろもどろで怪しい人だと思われたでしょう。はは。
披露宴はテーブルが漫研ブースと化してて、バカ話が楽しかった。御飯もおいしく、新婦もかわいく、よかったです。
帰りはまた時間との戦いでした。披露宴が終わるや否やタクシーに飛び乗り、ギリギリチョップぎみにソニックに。問題はこのあと。別府駅着からフェリー出発まで10分くらいしかなく、しかもその便を逃すと3時間くらい待ちぼうけを食らう。ソニックを降りたら走れ!ってんで慣れない靴で階段を駆け降りてたらつまずいてこけそう!踏ん張れ!って10歩くらいフンガ!フンガ!ってやってたらこけずには済んだんですが、もう足はガクガク。タクシーの運ちゃんの協力もあって何とか間に合いましたが、もうヘトヘトでした。
おい、愛媛から福岡に日帰りしようなどと思わないほうがおめえさんの身のためだぜ。
水曜どうでしょうじゃないんだ。

キャナルシティから博多駅に向かう途中、明らかに「女装してる若い男」を見ました。さすが博多。都会だぜ。
帰りのフェリーで、「一見男だがよく見るとお母さん」を見ました。こっちは僕が失礼でした。あと、同じフェリーで「20人分の体重の、5、6人の相撲部員たち」も見ました。あれって人数分のフェリー料金でいいのかな。見た目200㎏くらいのやつもいたけど。
by osekkaisensei | 2006-09-05 23:35 | 日々