人気ブログランキング |

21世紀という昭和

「ALWAYS 三丁目の夕日」を観て泣いた人、手をあげて!
は~い。

続・の方の予告にすらちょっとウルッときた人、手をあげて!
は~い。

それにしても憎いくらいによくできた映画だなあと感じました。最初「三丁目の夕日」を映画化するというのを知った時は、「何で?」といぶかしんだものですが、恥ずかしい限りです。プロットや演出もさりながら、戦略的にも優れている。何人かの人物のドラマを見せる、ある意味オムニバスな作りながら、それらの人々を強く結びつけているのは、完成したばかりの東京タワーに代表される30年代の東京。これ、たいがいの日本人は懐かしさを感じるキラーアイテムですからね。ああもう、くやしいなあ。

模型シーンにも80年代の波が押し寄せてきています。今っていつだっけ?
by osekkaisensei | 2007-11-03 00:49 | 映画・ドラマ