スッキリ

今日一日を振り返った時、なんだかスッキリ感があり、それはひとつはネームをFAXで出して一段落したことであるんですが、どうもそれだけじゃない。何だったっけ?と考えてると、それは結論から言うとおトイレに関することであり、まあ単刀直入に言えば、いいうんこさんがお出ましになったことであったんですが、そんなことで一日、ささやかな幸福感に包まれていたのかと思うと、何だか切ない気持ちになると同時に、そんな自分がかわいいと思える、そんな一日でありました。

ちょっとだけプラモいじります。
[PR]
by osekkaisensei | 2008-06-13 01:11 | 日々 | Comments(2)
Commented by りえ at 2008-06-13 09:37 x
排泄は大事な要因と思いますっ。
赤ちゃんも子供もお通じがでないとぐずぐずご機嫌斜めですし。
でもネームを出されたのも重要なので
両方あってこそ!でしょうか!?

漫画さんの発想力とか凄いなーっていつも思っているのですが
形は違えど今回うみの苦しみを体験してまして(現在進行形)
お話ができる瞬間というのをお伺いしてみたいと
切に感じてたりしています。

下の文章、コメント拝見するまで気づきませんでした!
そこから自分の発想力の貧困さが見えてしまいます。。

Commented by osekkaisensei at 2008-06-14 00:04
話が出来る時というのは…そうですね。
まず、「何か面白い話…」ってしばらくウンウン唸りまして、脳を「お話考えるモード」にします。まあまず出来ませんで、イヤになり、他人の漫画を読んだりして(本当は厳禁です。自分の才能の無さに嫌気がさしますので)、一旦離れます。で、しばらくして、洗濯物をたたんでる時なんかに、ふと、文字通り「降って」くるんです。
後になってみれば、あれ程考えたのになぜこんな簡単なことを思い付かなかったんだオレのバカ!ってことが多いです。でもその一連の過程を踏まないと出来ないのが不思議です。参考に…なりそうもないですね…。すいません。
出来ないときは全てのことが「自分の才能の無さ」に結びつきがちですが、本当はそういうことは才能とは関係無いことの方が多いのではないかと思うようになりました。さんざん考えて出来ない時は、よそごとをするのをお勧めします。脳の1割くらいだけお話作りに充てて。締め切りに余裕があれば、ですが。