人気ブログランキング |

2007年 01月 29日 ( 1 )

南海放送ラジオで昼にやってる「まいど!」という番組があって、月、火曜は林浩彦という人がパーソナリティなんです。この人は普段はちゃらんぽらんなんですが涙もろくて、放送中に泣いてしまうこともあります。今日のリスナーからのメールのテーマは「友情」だか「友人」だかで、リスナー達の、自分の友人について普通に書いてるだけのメールなのに、ちょこちょこ涙ぐんでる。「今日はくるかも!」という予感。
で、ちょっと席を離れてたんですが、聴くと我らが林浩彦氏、声が途切れ途切れ。どうやらメール主の、「親友が亡くなってそのことを友人の父親から聞いた。親友と呼べる友人はそいつだけで、もう会えないと思うと寂しい」というような内容。それを、スタジオにはスタッフなんかもいっぱい居るだろうに、いい大人が、50過ぎたおっさんが、泣いて途切れがちになりながら読んでるんです。この人、以前にも「最後まで素直になれなかった父親に、今どうしても『ありがとう』って言いたい。でももう無理なんだ」ってメールを、ほとんど放送事故じゃないかって心配になるくらい途切れがちに読んでました。まあ、アナウンサーじゃないんだけど、あんなんでいいのかなって思いますよ。


だってこっちまで泣いちゃうじゃないか。どうしてくれるんだ。