人気ブログランキング |

2014年 09月 13日 ( 1 )

寝てて、夢の中でよく模型屋に行くんです。
モデラーなら誰もが経験あると思いますが。
たいてい古びた店で、子供の頃に買えなかったプラモが山のようにあって
もちろん当時価格。なんなら投げ売り状態のものだってある。
興奮して鼻血を抑えながら両手にプラモ持って
レジに行くと店員がいない。あるいは財布を持ってない。
あるいは常連の客と店員が話し込んでて・・・
要するに、買えない。

しかし、一説によると、夢の中であこがれのキットを買えてしまうと、
死ぬ、と聞きます。
だから買えなくていいんです。

そういう夢を見たあとの一日はプラモ作りたくなってしょうがないんですよね。



あ、ここまでは枕です。
ちょっと思い出したんで書いとこうと。

何年前だったか忘れましたが、
電話帳に載ってる「模型店」「玩具店」などを書き出して
手当たり次第に行ってみる、ということをしてた時期がありまして。
愛媛県内はあらかた行ったので、四国の他県にも足を延ばしました。
香川、徳島を攻めようと、車中泊がてら一泊二日で行きました。

二日目、徳島市を出たあたりでそろそろタイムリミットだな、という時間になり、
名残惜しいのでそのへんを流していました。

二日間、模型屋アンテナを張りっぱなしにしてますと
えらいもんで「模型屋がある雰囲気」が解るようになります。
まあ具体的には市街地から離れた住宅街で、小学校又は中学校がある辺りですわ。

電話帳には載っていないので事前チェックはしてません。
「その場所」、地名などは全く覚えてませんが
田んぼばかりながら家が密集してて、小学校が見える。
細い道沿いにポツンと、駄菓子屋っぽい店がありました。
僕のひたいから、ガンダムで言うところの「ニュータイプスパーク」が走りました。

他に客はいませんが、こういう時は気が大きくなってる僕は
躊躇することもなく入ります。
店内は駄菓子屋というか文具屋というか、とにかく子供相手の商品が並んでいて
プラモも少し。ガンプラ中心の、当時の新製品が並んでました。

こんなもんか、と少々がっかりしつつ、でも入った手前何か買わないとなと思い
物色していると、店のおじさんが、僕をモデラーだと思ったらしく
「プラモ作るんけ?ちょっと裏に倉庫があるんやが、覗いてみるけ?」(脚色しています)
と、ニヤリとしつつサムアップ。
(やだ・・・襲われたらどうしよう・・・)と警戒しつつ着いていくと
クルマ一台が入るかな、というくらいの大きさの木造の倉庫に

ミッチリとプラモの山が!
主にスケールモデル。戦車系が多かったように記憶してます。
そのおじさんの父上が、ここで模型屋をやっていたそうで
その在庫だということ(だったと思う・・・記憶違いならメンゴ)。

あいにく、当時の僕はスケールものはやらなかったんで、
比較的手前にあったタカラの1/24スコープドッグを買ったのかな確か。

なんかこう、まさに夢の中で見る模型屋だったんです。
また行ってみたいなあ。



(っていう話、何かで書いたような気がしてきた・・・以前ブログに書いたっけ?)